Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ホテル事業者による個人情報流出の発表相次ぐ

ホテルなどの宿泊施設より予約システムサイトの運営を受託していたファストブッキングジャパンの親会社である仏FastBookingが不正アクセスを受けた問題で、ホテル事業者による被害の公表が相次いでいる。

今回の不正アクセスでは、FastBookingが運営する予約サイトを利用した顧客に関する氏名、住所、メールアドレス、国籍、予約金額、ホテル名、チェックインおよびチェックアウトの日程情報、顧客のクレジットカード情報などが流出。すでにプリンスホテルリッチモンドホテルを運営するアールエヌティホテルズ、ワシントンホテルを展開する藤田観光なども事態を公表している。

ホテルモントレでは、外国語で提供する予約サイトで2017年5月1日から2018年6月19日までに予約を行った顧客の個人情報1万66件や、2017年8月以前に利用されたクレジットカード情報1万6520件が流出したと公表。

阪急阪神ホテルズは、直営点とチェーン店のあわせて18ホテルにおいて、7674件の予約情報が流出したという。

(Security NEXT - 2018/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

水産加工品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
防衛省「注意情報」が流出した可能性 - 三菱電機
不正アクセスでスパム送信、情報流出のおそれも - 長岡技科大
サイバー攻撃の経緯や調査方法などを明らかに - 三菱電機
防衛装備関連情報が流出か - 三菱電の再精査で判明
保育園向け連絡帳アプリで情報流出 - テスト環境への不正アクセス
メルアカ2件に不正アクセス、不正転送など発生 - 農工大
ソフトバンク元従業員が業務文書の持ち出しで逮捕
不正アクセス原因、PWスプレー攻撃の可能性 - 東京企画
レジ用品通販サイトに不正アクセス、顧客のメアドが流出