Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先予約システムに不正アクセス、顧客情報12万件が流出 - プリンスホテル

プリンスホテルは、外国語による予約システムを運用する委託先が不正アクセスを受け、個人情報12万4963件が流出したことを明らかにした。

英語や中国語、韓国語などで提供する予約サイトの委託先サーバが不正アクセスを受けたもの。不正アクセスは2回にわたり、6月15日の不正アクセスでは、43ホテルにおける5万8003件の顧客情報が流出。

2017年5月から2018年6月にかけて、同サイトで予約した顧客の氏名や住所、国籍、メールアドレス、予約金額、ホテル名、チェックインやチェックアウトの日程などが含まれる。

さらに2日後となる6月17日の不正アクセスでは、クレジットカード情報が被害に遭った。2017年8月以前における6万6960件のクレジットカード情報で、名義や番号、有効期限が含まれる。

(Security NEXT - 2018/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社
通販サイトに不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - フレーバーライフ社
ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
「シャレード文庫」メルマガ会員のアカウント情報が流出 - 二見書房
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
東急ホテルズやイシン・ホテルズなども流出被害を公表
宿泊予約サイトの情報流出、原因はバックドア - 施設にGDPRの通知支援なども
ホテル事業者による個人情報流出の発表相次ぐ
ワシントンホテルやホテルグレイスリーなどの予約者情報が流出
リッチモンドホテルの顧客情報が流出 - FastBookingへの不正アクセス影響で