Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

宿泊予約サイトの情報流出、原因はバックドア - 施設にGDPRの通知支援なども

ホテル予約システムを提供する仏FastBookingが不正アクセスを受けた問題で、ホテルなど国内401の宿泊施設において32万5717件に影響があったことがわかった。遠隔からアクセスが可能となるツールがサーバに設置されたのが原因だという。

同社によれば、情報流出は協定世界時の6月14日21時前から同月19日21時過ぎにかけて発生。国内の宿泊施設に関しては、日本時間6月15日、17日に行われた不正アクセスの影響で被害が発生した。

6月15日の不正アクセスでは、国内380の宿泊施設より20万5137件の個人情報が流出。氏名や住所、メールアドレス、国籍、予約金額、ホテル名、チェックイン日、チェックアウト日などが含まれる。

また17日の不正アクセスでは、国内189の宿泊施設におけるクレジットカード情報12万580件が被害に遭った。アカウント名やクレジットカード名義、カード番号、有効期限が含まれる。

(Security NEXT - 2018/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社
通販サイトに不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - フレーバーライフ社
ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
「シャレード文庫」メルマガ会員のアカウント情報が流出 - 二見書房
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
東急ホテルズやイシン・ホテルズなども流出被害を公表
ホテル事業者による個人情報流出の発表相次ぐ
ワシントンホテルやホテルグレイスリーなどの予約者情報が流出
リッチモンドホテルの顧客情報が流出 - FastBookingへの不正アクセス影響で
マニュアル作成サービスに不正アクセス、一部データが流出 - 原因は調査中