Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リッチモンドホテルの顧客情報が流出 - FastBookingへの不正アクセス影響で

アールエヌティホテルズは、予約サイトを運営する委託先が不正アクセスを受け、リッチモンドホテルの顧客情報が流出したことを明らかにした。

同社によれば、委託先である仏FastBookingが管理、運用するサーバが不正アクセスを受けたもので、英語で提供する同予約サイト経由で予約した顧客情報が流出した。

6月15日に発生した不正アクセスでは、顧客の氏名や住所、国籍、メールアドレス、予約金額、予約ホテル名、チェックインとチェックアウトの日程など個人情報が流出。さらに17日の不正アクセスでクレジットカードの名義やクレジットカード番号、カード有効期限などが流出した。

28店舗では、2017年8月以前に予約した顧客の個人情報とクレジットカード情報5782件が流出。3店舗では2017年5月から2018年6月までのクレジットカード情報479件が被害に遭ったという。

(Security NEXT - 2018/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社
通販サイトに不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - フレーバーライフ社
ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
教育新聞が改ざん被害 - 誘導先でマルウェア感染や情報窃取のおそれ
「シャレード文庫」メルマガ会員のアカウント情報が流出 - 二見書房
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
東急ホテルズやイシン・ホテルズなども流出被害を公表
宿泊予約サイトの情報流出、原因はバックドア - 施設にGDPRの通知支援なども
ホテル事業者による個人情報流出の発表相次ぐ
ワシントンホテルやホテルグレイスリーなどの予約者情報が流出