Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワシントンホテルやホテルグレイスリーなどの予約者情報が流出

ワシントンホテルやホテルグレイスリー、伊東小涌園、ホテル椿山荘東京などを運営する藤田観光は、英語や中国語、韓国語で提供している予約サイトが不正アクセスを受け、個人情報が流出したことを明らかにした。

外国語による予約サイトの運営を委託していたファストブッキングジャパンの親会社である仏FastBookingのサーバが6月15日、17日の2回にわたり、不正アクセスを受けたもの。

今回の不正アクセスの影響で、同サイトで2017年5月1日から2018年6月19日にかけて予約が行われた30ホテルの顧客情報1万4567件が流出。氏名、住所、メールアドレス、国籍、予約金額、ホテル名、チェックインやチェックアウトなどの日程が含まれる。また6ホテルに関しては2017年8月以前に利用したクレジットカード情報1万0903件が影響を受けた。

同社では予約顧客に対してメールで事情を説明し、謝罪を行っている。クレジットカード情報が流出した顧客に関してはクレジットカード会社より通知が行われるとしている。

また同社が日本語で提供している予約サイトに関しては、異なるサーバやシステムで運営しており、影響について否定した。

(Security NEXT - 2018/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

水産加工品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
防衛省「注意情報」が流出した可能性 - 三菱電機
不正アクセスでスパム送信、情報流出のおそれも - 長岡技科大
サイバー攻撃の経緯や調査方法などを明らかに - 三菱電機
防衛装備関連情報が流出か - 三菱電の再精査で判明
保育園向け連絡帳アプリで情報流出 - テスト環境への不正アクセス
メルアカ2件に不正アクセス、不正転送など発生 - 農工大
ソフトバンク元従業員が業務文書の持ち出しで逮捕
不正アクセス原因、PWスプレー攻撃の可能性 - 東京企画
レジ用品通販サイトに不正アクセス、顧客のメアドが流出