Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CODE BLUE、今秋開催に向けてCFP開始 - 経済学、心理学面からの論文も歓迎

CODE BLUEは、今秋に開催するセキュリティカンファレンス「CODE BLUE 2018」に向けて、論文の募集を開始した。

「CODE BLUE 2018」は、日本発のセキュリティをテーマとしたカンファレンス。2018年は10月29日、30日にトレーニング、11月1日、2日にカンファレンスやコンテストを開催する予定で、これに先立ち、研究発表に向けた「Call For Papers(CFP)」を開始したもの。

2017年はサイバー犯罪対策トラックを追加したが、さらに今回はブロックチェーン、法律や政策などのテーマも追加し、6種類のトラックを用意。セキュリティに関して技術面はもちろん、法律や政策、経済学、心理学など幅広い側面から論文を募集するとしている。

また若年層に対して積極的な参加を促すため、若年層の優秀発表者を対象に250万円を上限とする奨学金を用意した。

応募はEasyChairで受け付けるとしており、締め切りは8月31日を予定しているが、早期に終了する場合もある。イベントの詳細や応募要領については、同イベントのウェブサイトから。

(Security NEXT - 2018/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞 - 「CODE BLUE」篠田氏など3者が受賞
IoTセキュリティがテーマのセミナーイベントを開催 - JNSA
「Security Days Spring 2018」を全国4カ所で開催 - 事前登録を受付
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
セキュリティ国際会議「CODE BLUE 2017」が開催中 - 論文採択率は約2割
イスラエル発の国際会議が国内初開催 - 軍関わる同国エコシステムの日本版に向けて議論
JPCERT/CC、都内でアナリスト向けのカンファレンスイベント
「CRYPTRECシンポジウム2017」が12月に開催