Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

AIに関する課題、「理解不足」が約7割 - 導入効果への不安も

情報処理推進機構(IPA)は、AIの社会実装における課題と対策の方向性に関する調査を行い、報告書を取りまとめた。

同機構では、2017年11月から2018年2月にかけて、AIの利用状況や制度、政策に関する文献調査のほか、アンケート調査、ヒアリング調査、海外動向調査を実施。そのうちアンケート調査では、26業種から5000事業者を無作為に抽出。経営層またはICT関連部門の責任者などに記名式郵送アンケート調査を行った。有効回答数は364件。

アンケート調査の結果によると、AIを「すでに導入している」企業は3.1%。「実証実験を行っている(7.1%)」をあわせると約1割だった。また、「利用に向けて検討を進めている」が10%、「これから検討する予定」が16%だった。

一方、「関心はあるがまだ予定はない」が52.6%でもっとも多く、「今後も取り組む予定はない」の10.3%をあわせると、6割以上がAI導入の予定がない。

20180621_ip_001.jpg
AIに関する課題(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2018/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

巧妙化する国家関与の攻撃 - 「サイバー防衛」議論するシンポが始動
フィッシングURLが最多記録を更新 - 報告やブランド悪用被害も増加
カンファレンス「JSAC 2019」の講演動画がYouTubeで配信開始
過去1年に企業の14.2%が被害を経験 - 8%がランサム被害
不正ログインで狙われるゲームアカウント - RMTで換金
動画や音楽の配信サービス狙うPWリスト型攻撃、8カ月で116億件
経産省策定基準の適合セキュリティサービスリストを公開 - IPA
75%がAI活用セキュリティツールを導入検討、一方利用者6割は「導入の意味知らず」
「辻井重男セキュリティ論文賞」を発表 - 大賞など7件を選定
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」が決定 - 2名1団体が受賞