Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

AIに関する課題、「理解不足」が約7割 - 導入効果への不安も

情報処理推進機構(IPA)は、AIの社会実装における課題と対策の方向性に関する調査を行い、報告書を取りまとめた。

同機構では、2017年11月から2018年2月にかけて、AIの利用状況や制度、政策に関する文献調査のほか、アンケート調査、ヒアリング調査、海外動向調査を実施。そのうちアンケート調査では、26業種から5000事業者を無作為に抽出。経営層またはICT関連部門の責任者などに記名式郵送アンケート調査を行った。有効回答数は364件。

アンケート調査の結果によると、AIを「すでに導入している」企業は3.1%。「実証実験を行っている(7.1%)」をあわせると約1割だった。また、「利用に向けて検討を進めている」が10%、「これから検討する予定」が16%だった。

一方、「関心はあるがまだ予定はない」が52.6%でもっとも多く、「今後も取り組む予定はない」の10.3%をあわせると、6割以上がAI導入の予定がない。

20180621_ip_001.jpg
AIに関する課題(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2018/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
「標的型攻撃」の相談、半年で158件 - 前期比4割減
九大ら、スマートファクトリー向けセキュアプラットフォームを共同研究
「情報セキュリティサービス基準」の適合サービスリストを公開 - IPA
対GPONルータ攻撃を観測 - 同発信元から仮想通貨発掘ソフト狙うアクセスも
総務省、「Shodan」同等の調査システムを構築 - 国内IPアドレス6%が応答
SSL/TLSを取り巻く状況や鍵管理に関する文献調査を実施 - IPA
CODE BLUE、今秋開催に向けてCFP開始 - 経済学、心理学面からの論文も歓迎
「Mirai」亜種に狙われる脆弱IoT端末、50万台以上稼働か
主要50脆弱性、34%は開示日にエクスプロイトが公開 - 76%で攻撃者が防御側を先行