Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

観戦会参加者の個人情報が閲覧可能に、申込フォームが公開設定 - 大分トリニータ

プロサッカークラブの大分トリニータは、観戦会参加者の個人情報が申込フォーム上で閲覧可能な状態だったことを明らかにした。

同クラブによれば、6月23日開催予定のアビスパ福岡戦の東京観戦会「第5回しんけんトリニータ東京の陣」に申し込んだ18人の個人情報が、申込フォーム上で閲覧可能になっていたもの。氏名や性別、生年月日、携帯電話番号、メールアドレスが含まれる。

申込者から指摘があり調査したところ、6月14日12時から20時前までの間、申込フォームが公開モードになっており、フォームにアクセスすることで申込者の個人情報が閲覧できる状態だった。期間中、最大で400人が問題の申込フォームにアクセスした可能性があるという。

同クラブでは、申込フォーム作成時の操作ミスとチェック漏れが原因と説明。今後は作業終了後におけるチェックを徹底するとしている。

(Security NEXT - 2018/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パーティー招待者などの個人情報含むUSBメモリを紛失 - J2水戸
チケット購入者の個人情報流出、配信システム不具合で - 浦和レッズ
メール誤送信で直行バス申込者のメアド流出 - ガンバ大阪
メール送信ミスで顧客のメールアドレスが流出 - 栃木SC
メール文面使い回しで他顧客の個人情報 - J2ギラヴァンツ北九州
ジュニアチーム応募者の個人情報をスタッフがLINE送信 - J2モンテディオ山形
「Jリーグチケット」で他会員情報を誤表示する不具合
シーズンチケット申込用紙が所在不明に - 水戸ホーリーホック
サッカー教室の当選メールで送信ミス - モンテディオ山形
来院したプロスポーツ選手の情報を病院職員がTwitterへ投稿