Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米政府、北朝鮮政府関与のトロイの木馬「TYPEFRAME」を警告 - 米朝対話の裏で駆け引き

6月12日、シンガポールにおいて史上初となる米朝首脳会談が実現し、融和ムードが演出される中、一方で米政府は北朝鮮政府が関与したトロイの木馬として「TYPEFRAME」の情報を公開し、注意喚起を行った。

20180615_us_001.jpg
US-CERTを通じて公開されたマルウェアの分析レポート

米国土安全保障省(DHS)と連邦捜査局(FBI)がトロイの木馬「TYPEFRAME」の解析レポートを公表したもの。

同レポートでは、同マルウェアが北朝鮮政府によって用いられたことを認識していると指摘した。

米政府では、北朝鮮グループ「HIDDEN COBRA」が関与したマルウェアの情報をこれまでも公開してきているが、今回のトロイの木馬についても関連性を示した。

同レポートでは、32ビットおよび64ビット環境で動作する「Windows」の実行ファイルとVBAマクロを含むWordドキュメントなどマルウェアのサンプル11件を分析。

これらファイルを通じてインストールされるマルウェアにより、プロクシやコマンド&コントロール(C&C)サーバと通信するリモートアクセスツール(RAT)、ファイアウォールの変更による通信許可などが行われるおそれがあるとしている。

(Security NEXT - 2018/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「約ネバ」とタイアップイベント、3月に都内で開催 - NISC
「なりすまし」生じる「Exchange Server」の脆弱性へ対処 - MS
MS月例パッチ 、脆弱性74件を修正- 悪用確認済みのゼロデイ脆弱性にも対応
コンテナランタイム「runc」の脆弱性、実証コードが複数公開 - 早期対策を
ウェブで「IPAフォントが見つからない」と偽警告 - マルウェア感染狙う手口
ウェブ上の電話番号に潜む危険 - 「Googleマップ」や「Wikipedia」経由で詐欺誘導
改元によるシステム改修で全国説明会を開催 - 経産省
育成プログラム「SecHack365」の成果発表会を都内で開催 - NICT
「ColdFusion」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
メール誤送信でサービス利用者のメアド流出 - 学習塾