Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト

6月7日に定例外のアップデートで急遽修正された「Adobe Flash Player」のゼロデイ脆弱性「CVE-2018-5002」。同脆弱性を悪用する標的型攻撃は、3カ月以上前から準備されていた可能性がある。

Adobe Systemsが「Adobe Flash Player」のアップデートをリリースした際、すでに悪用されていることを公表しているが、同社へ今回の脆弱性を報告したQihoo 360が、ゼロデイ攻撃の詳細について明らかにしたもの。

同社によると、6月1日に同脆弱性を用いた攻撃をはじめて把握したという。攻撃に用いられたファイルの拡張子は「.xlsx」。アラブ語で記載されたExcelファイルで、中東地域を対象とする攻撃に用いられた。

受信者がファイルを開いた時点で、リモートのコマンド&コントロール(C&C)サーバよりSWFコンテンツを読み込み、さらに暗号化された今回の脆弱性を悪用するエクスプロイトやペイロードなどを取得、実行するしくみだった。

20180615_qi_001.jpg
攻撃の流れ(図:Qihoo 360)

(Security NEXT - 2018/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ゼロデイ攻撃で対策費用が倍増 - 対応遅れもコスト増加の原因に
制御システムの脆弱性、3割以上が一時ゼロデイ状態
10日間以上の長期休暇の企業も - GW前にセキュリティ対策の確認を
英Sophos、蘭SurfRightを買収 - 不正メモリ操作の検知技術を取得
不正広告経由で脆弱性攻撃サイトに900万件のアクセス
「CODE BLUE 2015」の全講演が決定
2014年のゼロデイ脆弱性は24件 - ゼロデイ期間が前年比15倍に
MS、2014年は341件の脆弱性に対処 - ゼロデイ攻撃が増加傾向
国内セキュリティ製品市場は4.7%増 - 2018年には3000億円市場に
日本MSやFFRIらが協業 - 日本独自のゼロデイ対策を開発