Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認

日本マイクロソフトは、6月の月例セキュリティ更新を公開し、CVEベースで50件の脆弱性に対処した。いずれも悪用は確認されていないという。

20180613_ms_001.jpg
アップデート情報を確認できるマイクロソフトのセキュリティ更新プログラムガイド

今回のアップデートでは、「Windows」や同社ブラウザである「Internet Explorer」「Microsoft Edge」のほか、「ChakraCore」「Office」および「Microsoft Office Services」などの脆弱性へ対処したもの。

脆弱性の最大深刻度を見ると、4段階中もっとも高い「緊急」が11件、次いで深刻度が高い「重要」が39件だった。

このうち16件に関しては、リモートでコードが実行されるおそれがある脆弱性。また「特権の昇格」「サービス拒否」「セキュリティ機能のバイパス」「情報漏洩」などの脆弱性に対処した。

(Security NEXT - 2018/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールセキュリティ製品「Cisco ESA」に深刻な脆弱性 - 悪用は未確認
Oracle、四半期定例パッチで脆弱性284件を修正
オムロン製ツール「CX-Protocol」に脆弱性
WordPress向けスパム対策プラグインにXSSの脆弱性
Intel、Wi-FiソフトからDC向けまで幅広いアップデート
2019年最初のMS月例パッチ - 脆弱性49件を解消
「Adobe Digital Editions」に情報漏洩の脆弱性
「Adobe Connect」にセッショントークンが漏洩する脆弱性 - アップデートが公開
「Windows 7」「WS 2008」のサポート終了まで1年 - 「ESU」活用も早めの検討を
1月3日に「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートがリリース予定