Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ボランティア交流センターのサイトに大量アクセス、当面停止に - 福岡市

福岡市は、NPOやボランティアの活動をサポートする公設民営の施設「あすみん」のウェブサイトにおいて、大量のアクセスを受けたとしてサイトを停止した。原因や影響について調査を進めている。

同市によれば、6月2日12時半前、同サイトにアクセスできないことが判明したため、サーバのリソース情報を確認したところ、同日11時半前後、同サイトに対し大量のアクセスが発生していたことがわかった。不正アクセスの可能性も否定できないとして、14時半にシステムをインターネットから遮断した。

同サイトでは、利用登録団体の住所や電話番号などを扱っているが、現時点で情報漏洩は確認されていない。同市では原因や影響について調査を進めており、原因の特定やサイトの安全性確認ができ次第、サービスを再開するとしている。

(Security NEXT - 2018/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイトの「問い合わせフォーム」を悪用する攻撃に警戒を
ウェブサイトがスパムの踏み台被害 - 船橋市
「Elasticsearch」を活用したテレワーク端末の可視化ソリューション
香川県のサイトが一時閲覧不能に - DDoS攻撃か
不正アクセスでスパムの踏み台に - 山梨県の文化施設
不正アクセスでスパム送信、情報流出のおそれも - 長岡技科大
メルアカ乗っ取り、迷惑メール送信の踏み台に - 福知山市民病院
不正ログイン被害、あらたに53件が判明 - 東北電力
職員メルアカに不正アクセス、情報流出の可能性 - 早稲田大
メルアカ乗っ取り被害、迷惑メールの踏み台に - NTTLS