Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ボランティア交流センターのサイトに大量アクセス、当面停止に - 福岡市

福岡市は、NPOやボランティアの活動をサポートする公設民営の施設「あすみん」のウェブサイトにおいて、大量のアクセスを受けたとしてサイトを停止した。原因や影響について調査を進めている。

同市によれば、6月2日12時半前、同サイトにアクセスできないことが判明したため、サーバのリソース情報を確認したところ、同日11時半前後、同サイトに対し大量のアクセスが発生していたことがわかった。不正アクセスの可能性も否定できないとして、14時半にシステムをインターネットから遮断した。

同サイトでは、利用登録団体の住所や電話番号などを扱っているが、現時点で情報漏洩は確認されていない。同市では原因や影響について調査を進めており、原因の特定やサイトの安全性確認ができ次第、サービスを再開するとしている。

(Security NEXT - 2018/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パスワードスプレー攻撃が大量発生中 - ウェブメールなど標的に
「コーナンPay」にPWリスト攻撃 - 試行回数は数十万件規模か
脅威情報を集約し横断分析する「CURE」を開発 - NICT
ブロッコリー通販サイトでアクセス障害 - ツールによる大量アクセスで
攻撃の対処要否を自動判断するための学習データ生成技術を開発 - 富士通研
なりすまし仮会員登録、約7時間に約29万件 - サンドラッグ
ウェブサーバを踏み台とした「リフレクション攻撃」を観測 - 悪意ある「SYNパケット」に注意
職員アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 森林研究・整備機構
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
BBSec、ウェブサーバの負担抑えた脆弱性診断サービス