Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LINEら4社が「サイバー防災訓練」 、テーマは「フィッシング詐欺」 - アルコ&ピース平子祐希さんも登場

LINE、アマゾンジャパン、bitFlyer、ヤフーの4社は、セキュリティの啓発活動として「サイバー防災訓練」を開始した。「フィッシング詐欺」をテーマに6月22日まで実施する。

20180608_li_001.jpg
アルコ&ピース平子祐希さんが演じた体験型ムービー(画像:LINE)

同イベントは、一般ユーザーを対象にセキュリティ対策を呼びかけるもので、今回「フィッシング詐欺」をテーマとして取り上げた。

オンラインとオフラインで展開し、フィッシング詐欺において、正規のメールとフィッシングメールの見極めが難しく、注意が必要であることを呼びかけていく。

取り組みとして、公式サイト「サイバー防災訓練」を開設。体験型ムービーや簡易検定試験などを用意。アルコ&ピース平子祐希さんがクレイジーなフィッシング詐欺師「才場雄二」に扮してフィッシング詐欺を紹介する。あわせてセミナーなども開催し、フィッシング詐欺の防止について啓発していく。

(Security NEXT - 2018/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールアカウントがフィッシングメール送信の踏み台に - 京都教育大
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
「WordPress」の管理者アカウント狙うフィッシング - DB更新口実に誘導
東京オリンピックの便乗フィッシングメール、17万4000人に送信か
「東京五輪の無料チケット」で誘うメールに要警戒 - 攻撃計画が進行中
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類
アマゾン装うフィッシング - アカウントの「盗難」「閉鎖」など複数口実で誘導
「dアカウント」への「PWリスト攻撃」、攻撃規模は明らかにせず - 個人情報流出は否定
「LINE」利用者を狙うフィッシング報告が増加