Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

取引所にフォークコイン付与を求め、集団訴訟へ - 弁護団が結成

ハードフォークされた仮想通貨に関して、多くの仮想通貨取引所が利用者に付与していないとして、集団訴訟の準備が進められている。

原告団の依頼のもと、大阪弁護士会に所属する5人の弁護士が「ハードフォーク弁護団」を結成し、訴訟への参加を呼びかけているもの。

同弁護団は、仮想通貨取引所に預けている仮想通貨は、本来利用者のものであり、ハードフォークで生じた仮想通貨についても利用者に付与されるべきであるとして、仮想通貨取引所に対して利用者への付与を求める訴訟の提起を目指している。

同弁護団は、付与の判断を現状では仮想通貨の取引所が行っているが、法的根拠はなく不健全な状態であると指摘。利用者の多くは、ハードフォークされた仮想通貨が付与されないことの問題にさえ気が付いていないと述べている。

「BitCoin」や「Ethereum」など国内だけで100万人以上が対象となり、時価総額は数百億円以上になると説明。弁護団は、あたらしい訴訟であり、コインチェックに対してテスト的に地裁で訴訟を提起し、係争中だが想定通りに進行しているとして、今後は全国の全仮想通貨取引所を相手として訴訟を順次提起して展開する予定としている。

(Security NEXT - 2018/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
マイナンバー関連事故は374件、前年度から倍増 - 5件は「重大な事態」
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
フィッシング報告数が2700件と高水準 - 「Apple」関連が約65%
仮想通貨発掘マルウェア4割認知せず - 2割強は広告代わりに発掘を許可
2018年1Q、仮想通貨発掘マルウェアが急増 - ランサム攻撃は大幅減
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
不正アクセス事件の検挙件数が前年比3割増 - 被疑者は10代、動機は「好奇心」が最多
金融庁、仮想通貨取引事業者7社に行政処分 - 2社には業務停止命令も