Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の個人情報含むPCが所在不明 - 都立小児総合医療センター

東京都立小児総合医療センターにおいて、患者の個人情報が保存されたパソコンが所在不明になっていることがわかった。

20180531_me_001.jpg
東京都立小児総合医療センターのウェブサイト

都によれば、医師が使用していた業務用のパソコンについて所在がわからなくなったもの。

問題のパソコンには、患者57人のカタカナ表記氏名、ID、生年月日、性別のほか、疾患名の略称、疾患関連の遺伝子異常の有無、病理組織所見、血液検査所見などの情報が含まれる。パソコンとファイルには、パスワードが設定されているという。

同医師は、5月26日にパソコンを鞄に入れて病棟のスタッフステーションや医局に置いて業務を行っていたが、20時ごろ鞄のなかを確認したところ、パソコンがなくなっているのに気付いた。

複数の職員で探したが見つからず、警察へ届けた。また同センターでは対象となる患者と家族に対して事情を説明したうえで謝罪している。

(Security NEXT - 2018/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

医療助成費支給の申請書類を紛失、支給遅延も - 大阪市
取引先情報など含む業務用携帯電話を紛失 - 医療機器メーカー
委託先で手術予定リストが盗難 - 国立国際医療研究センター
分析機器納入業者が患者遺伝子検査データを持出 - 九大病院
感染は「Emotet」亜種、メール経由で - 多摩北部医療センター
医療センターの問診票が運搬中に飛散 - 春日部市
医師を偽装した不正メールの特徴を公開、注意を喚起 - 東京都保健医療公社
医師のメールに不正アクセス、マルウェア感染原因か -多摩北部医療センター
患者の個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 大阪市
医療費申請者情報を無関係事業者の代表メルアドへ誤送信 - 佐賀県