Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含む資料を無関係の事業者へメール送信 - 名古屋のケーブルTV

スターキャット・ケーブルネットワークは、メールの誤送信が発生し、顧客情報含む資料を関係ないケーブルテレビ事業者に送信したことを公表した。

同社によれば、5月15日に顧客の氏名や住所、顧客番号など1468件が記載された資料を、誤って無関係のケーブルテレビ事業者へメールで送信してしまったという。申請情報を処理する過程で発生したもので、担当者による操作ミスが原因だという。

同社では誤送信先のケーブルテレビ事業者に連絡。誤送信した資料の削除を依頼し、削除を確認した。また対象となる顧客には、事情を報告し謝罪する書面を送付したとしている。

(Security NEXT - 2018/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

案内メールで誤送信、顧客のメアド流出 - イベント事業者
患者の個人情報含むファイルを誤送信 - 富山大病院
ニュースメール誤送信で会員のメアド流出 - 日本診療放射線技師連盟
誤送信で講習会申込者のメアド流出 - 兵庫県作業療法士会
メール誤送信で法人顧客のメアド流出 - すららネット
ライブイベントの当選メールを誤送信、メアド流出 - 近畿大
メール誤送信で推薦入試出願者のメアド流出 - 県立広島大
イベント案内メール誤送信、企業のメアド流出 - 新潟県
児童の個人情報含む資料を誤って送信 - 新潟県
指摘メールを削除、誤送信を隠ぺいした職員を懲戒処分 - 川崎市