Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増

2017年における情報漏洩対策製品の国内市場は、前年比2%増となる57億円だった。2022年の市場規模を61億円と予測されている。

IDC Japanが、国内の情報保護管理市場における動向を取りまとめたもの。同社では、情報漏洩対策やエンドポイントの暗号化、メッセージの暗号化、鍵管理、ERM、セキュアなドキュメント共有などを情報保護管理市場と定義。そのうち情報漏洩対策と暗号化、鍵管理機能について分析した。

2017年の情報漏洩対策製品市場は、前年比2%増となる57億円。2017年から2022年までの年間平均成長率を1.4%と予測しており、2022年には61億円に拡大すると見込んでいる。

また2017年の暗号化、鍵管理市場は前年比3.2%増の135億円。同社では2017年から2022年にかけての年間平均成長率を3.5%とし、2022年の市場規模を161億円と分析した。

(Security NEXT - 2018/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
ALSIの暗号化ソフト、ストレージソフト「Proself 」と連携
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
メールの誤送信対策をクラウドで提供 - 富士通BSC
暗号化通信対応パブリックDNSサービスを試験運用 - IIJ
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析
ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能
次期バージョン「OpenSSL 3.0.0」の設計概要が公開
NTTコム、セキュリティ強化した翻訳サービス - 専有環境で処理、辞書など暗号化
公衆Wi-Fi利用者向けVPNサービスに固定IPオプション - ALSI