Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増

2017年における情報漏洩対策製品の国内市場は、前年比2%増となる57億円だった。2022年の市場規模を61億円と予測されている。

IDC Japanが、国内の情報保護管理市場における動向を取りまとめたもの。同社では、情報漏洩対策やエンドポイントの暗号化、メッセージの暗号化、鍵管理、ERM、セキュアなドキュメント共有などを情報保護管理市場と定義。そのうち情報漏洩対策と暗号化、鍵管理機能について分析した。

2017年の情報漏洩対策製品市場は、前年比2%増となる57億円。2017年から2022年までの年間平均成長率を1.4%と予測しており、2022年には61億円に拡大すると見込んでいる。

また2017年の暗号化、鍵管理市場は前年比3.2%増の135億円。同社では2017年から2022年にかけての年間平均成長率を3.5%とし、2022年の市場規模を161億円と分析した。

(Security NEXT - 2018/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MacやLinuxにも対応したテレワーク端末のセキュ診断サービス
認証情報の一元管理に対応した指紋認証ソフト - ラトックシステム
ゲートウェイに新モデル、OSも強化 - Check Point
RaaSで拡散するランサムウェア「Paradise」に復号化ツール
ランサム「STOP Djvu」に復号ツール - サイドチャネル攻撃で解析
ランサム「HildaCrypt」に復号ツール - 開発者が復号キーを提供
メール宛先ミスを機械学習で検知するオプション - NTT-TX
B2C事業者向けIDアクセス管理ソリューションに新版 - GDPRに対応
ランサム「Yatron」「FortuneCrypt」の復号化ツールが公開
ゲーマー狙うランサムウェア「Syrk」に無償復号化ツール