Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - ジラフ

インターネットサービスの企画や運営を展開するジラフは、メールサーバが不正アクセスを受け、迷惑メール送信の踏み台被害に遭ったことを明らかにした。

同社によれば、5月11日3時から11時ごろまで、同社のメールサーバが不正アクセスを受け、同社ドメインのメールアドレスから不特定多数に対する迷惑メールが送信されたもの。確認されている迷惑メールはすべて、日本語以外の言語により記載されていたという。

同社では被害状況や情報漏洩の範囲など詳細を調査するとともに、警察へ被害届を提出。同社のメールアドレスから不審なメールを受信した場合は、本文中のURLにアクセスしないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員と部署のメールアカウントに不正アクセス、メール漏洩やスパム送信など - 明大
ウクライナ停電にも関与した攻撃グループ、国内複数物流企業を標的に
島根大の複数職員がフィッシング被害 - スパム送信やメールの不正転送が発生
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
学生や職員などアカウント情報4.3万件が漏洩 - 法政大
国内に多数のアノニマスFTP - うっかり情報公開に注意を
スパイス通販サイトからスパム配信 - メールアカウントを奪取か
GW直後より感染繰り返すも漏洩気が付かず - 日本年金機構
国立感染症研究所がスパムの踏み台に - 管理者装うフィッシングでアカウント奪われる
東大基金に不正アクセス、外部攻撃の踏み台に - 個人情報流出の可能性も