Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も

Adobe Systemsは、5月14日に定例外で「Adobe Acrobat/Reader」向けにアップデートを提供し、複数の脆弱性へ対処したが、一部がすでに悪用されていることが判明した。

アップデート公開当初、悪用に関する報告はなかったが、同社はアドバイザリを更新。メモリを二重解放する脆弱性「CVE-2018-4990」について、すでに悪用するエクスプロイトが出回っていることを明らかにした。

公開当初より高い適用優先度のもと、利用者へ早期適用を呼びかけているが、より緊急性が高い脆弱性であることが判明した。

さらに域外よりメモリを読み込み、情報漏洩が生じるおそれがある脆弱性「CVE-2018-4985」に関しても、実証コード(PoC)がリリースされ、容易に入手できる状態となっており、悪用のリスクが高まっている。

20180516_as_001.jpg
脆弱性を修正したアップデートのバージョン(表:Adobe Systems)
お知らせ:本記事初出時において、ゼロデイ攻撃に用いられていると表現しておりましたが、脆弱性を悪用するファイルが流通しているものの、具体的な攻撃へ用いられたこととニュアンスが異なるため、一部表現を修正しました。

(Security NEXT - 2018/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「VMware NSX SD-WAN」にコマンドインジェクションの脆弱性が判明
【続報】「Adobe Acrobat/Reader」の定例外パッチが公開 - 早期適用呼びかけ
開発フレームワーク「Electron」にコード実行の脆弱性
「Photoshop CC」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず