Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる

感染後に2種類のプログラムがダウンロードされるが、Drupalが稼働するウェブサイトより配信されており、送信元のIPアドレスはワールドワイドに広く分散していたという。また11件のコマンド&コントロールサーバに関する情報がコードから見つかっている。

攻撃グループは、「Drupal」以外にも「Weblogic」や「WordPress」などの脆弱性を突く6種類のエクスプロイトを悪用。脆弱性の状況を調べ、外部サイトに脆弱性の状況を通知していた。またSSHによりスキャンする機能を備える。

ワームとして感染を拡大するほか、永続的に動作するようプログラムされていた。また仮想通貨をマイニングするためのプログラムをインストールさせたり、DDoSなどに悪用していると見られる。

(Security NEXT - 2018/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレンド複数製品に管理画面回避のおそれ - パッチリリース
NVIDIAのディスプレイドライバに複数脆弱性 - アップデートを提供
「Joomla 3.9.13」がリリース - 脆弱性2件を修正
フリマアプリ「ラクマ」に認証情報漏洩のおそれ
「Office for Mac」の「マクロ無効設定」が回避されるおそれ
オムロン製安全回路プログラミングツールに脆弱性 - アップデートがリリース
トレンドマイクロ「Apex One」にコマンドインジェクションの脆弱性
「Chrome」ゼロデイ脆弱性、水飲み場攻撃「WizardOpium作戦」に悪用
「Chrome」に2件の脆弱性、アップデート公開 - ゼロデイ攻撃も確認
「Samba」に3件の脆弱性 - アップデートがリリース