Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医療業界やサプライチェーン狙う攻撃グループを確認 - 標的はレガシーシステムか

医療業界を狙い、トロイの木馬「Kwampirs」を拡散する攻撃グループ「Orangeworm」が確認された。

シマンテックが明らかにしたもので、米国、ヨーロッパ、アジアなど広い地域の医療関係者を対象としており、少なくとも2015年1月より活動しているという。

20180424_sy_001.jpg
被害端末の分布。グローバル企業の感染により、多くの国で感染が確認された(グラフ:シマンテック)

同グループは、リモートよりコマンド操作が可能となるバックドア型のトロイの木馬「Kwampirs」を感染させることを目的に攻撃を展開。同社では、4月23日にもあらたな亜種を観測している。

感染被害者の国別の分布を見ると、米国が17%で最多。インドとサウジアラビアがいずれも7%、フィリピン、ハンガリー、英国が5%と続く。

日本も2%の感染が観測された。被害者に大手グローバル企業が存在したことから、広い地域で被害が観測されたとしている。

攻撃グループの動機はわかっておらず、国家が関与している形跡も発見されていないという。一方で、攻撃対象を闇雲にしていることもなく、周到な準備の上で攻撃を展開していると同社では分析。

20180424_sy_002.jpg
感染被害が発生していた業界の割合

被害者の業種を見ると39%を医療関係者が占める。さらに製造業、情報技術、農業、ロジスティックスなどでも被害が確認された。

医療関係者以外、関連性が希薄に見える業種も、最終的な目的である医療関係者への攻撃を成功させるため、周辺業界が狙われた可能性がある。

実際にサプライチェーンとして製薬会社、医療向けITベンダー、医療機器メーカーなど関連業界に標的型攻撃が展開されたことも判明しているという。

マルウェアは、レントゲンやMRIなどの医療用画像を処理するソフトウェアなどが稼働する機器上で見つかったほか、医療事務に用いる機器なども狙われていた。

感染するとシステムやネットワークなどの情報を収集するほか、ファイル共有に自身をコピーして拡散する機能なども備えていた。

さらに外部とのコマンド&コントロールサーバとの通信を試みるなど、派手な攻撃が目立ち、シマンテックでは、ひと昔前の手口であると指摘している。

こうした攻撃手法について同社は、「Windows XP」などレガシーシステムでは有効な手段であると説明。医療業界では古いOSが依然として稼働しているケースが少なくないことから、攻撃手法として利用されているのではないかと分析している。

(Security NEXT - 2018/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「情報セキュリティ白書2019」を発行 - 無料のPDF版も
関連企業やSCのセキュリティ対策状況を可視化するサービス - NRIセキュア
2019年1Q、フィッシングが17%増 - 3割がMS偽装
2018年度下半期の標的型攻撃相談は258件 - メール以外で侵入されたケースも
「制御システムセキュリティカンファレンス」を2020年2月に開催 - CFPを実施
サプライチェーンリスク診断など8サービスをリリース - ソリトン
2019年度のブロックチェーンサービス市場は171.5億円、2022年度に1235億円との予測
複数の日系自動車関連企業にサイバー攻撃 - ベトナムのグループ関与か
サプライチェーンのセキュリティでシンポジウム - IPA
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に