Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ専門家のノウハウを機械学習、SOCに活用 - SBT

ソフトバンク・テクノロジーは、機械学習を活用したログ分析プラットフォームを構築し、SOCへ導入して「マネージド・セキュリティ・サービス」において利用を開始する。

同社では、セキュリティアナリストの経験と知識をモデル化した機会学習モデルを開発し、独自のログ分析プラットフォームを構築したという。

セキュリティアナリストによる危険度判定の結果を機会学習で再学習することで精度を上げ、危険度が高いログやアラートの抽出を効率化する。AIが効率的に脅威判定することで、アナリストは高度な分析に専念することができるという。

同プラットフォームを、5月より自社のSOCへ導入。顧客のセキュリティシステムを24時間体制で運用、監視するMSSで活用するとしている。

(Security NEXT - 2018/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
サーバ向けマルウェア対策製品「Sophos Intercept X for Server」 - ソフォス
プロキシログから攻撃を検出するイスラエル製ソリューション「SecBI」 - IWI
組織に潜伏するマルウェアを発見する新サービス - PwC-CS
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
機械学習とOSSを活用したSIEMソリューション - GRCS
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
ラテラルムーブメントなど普段と異なる行動を検出する新製品 - マカフィー
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」