Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ専門家のノウハウを機械学習、SOCに活用 - SBT

ソフトバンク・テクノロジーは、機械学習を活用したログ分析プラットフォームを構築し、SOCへ導入して「マネージド・セキュリティ・サービス」において利用を開始する。

同社では、セキュリティアナリストの経験と知識をモデル化した機会学習モデルを開発し、独自のログ分析プラットフォームを構築したという。

セキュリティアナリストによる危険度判定の結果を機会学習で再学習することで精度を上げ、危険度が高いログやアラートの抽出を効率化する。AIが効率的に脅威判定することで、アナリストは高度な分析に専念することができるという。

同プラットフォームを、5月より自社のSOCへ導入。顧客のセキュリティシステムを24時間体制で運用、監視するMSSで活用するとしている。

(Security NEXT - 2018/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米Palo Alto、IoTセキュリティのZingboxを買収
機械学習の顔認識を防止する画像加工サービス
メール宛先ミスを機械学習で検知するオプション - NTT-TX
個人データを匿名加工するクラウドサービス - NTTコム
ブランド悪用アプリや機密情報漏洩の検知サービス
人的なインシデント調査を機械学習で高速化 - ダークトレース
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
機械学習で攻撃元IPや攻撃種類を予測するサービス - TED
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応