Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

消費生活センターからの通知文書に名簿を誤って同封 - 堺市

大阪府堺市は、消費生活センターが発送した通知文書において、個人情報を記載した名簿が誤って同封されていたことを明らかにした。

同市によれば、「大阪府消費のサポーター」の登録者38人に対し、同センターが行う出前講座や講演会を依頼する書面を4月16日に送付した際、個人情報を含む名簿を誤って同封していたもの。

誤送付した名簿には、登録者38人の氏名や住所、電話番号、生年、日中の連絡先などが記載されていた。17日に書類の受領者から連絡があり判明した。

同市では、対象となる登録者に謝罪し、誤送付した名簿の回収を行っている。

(Security NEXT - 2018/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

行政文書を紛失、誤廃棄の可能性も - 公取委
人口移動調査の調査票を誤送付、転出先ではなく転出元へ - 大阪市
がん患者情報を誤送信、煩雑となり個人情報記載 - 横浜市立大病院
チケットの払込票控えが所在不明 - イベント制作会社
当選賞品を宛名と異なる住所へ送付 - 九州電力
熊本ワインの通販サイトで決済画面改ざん - クレカなど顧客情報流出の可能性
従業員情報を議員に漏洩、後援会入会の礼状届く - JA北海道厚生連
電気料金支払い依頼書を別の顧客に送付 - エネクスライフサービス
SNSサイト「ふどうさん女子」で一部会員情報が閲覧可能に
DV被害者情報含む書類が所在不明、5カ月後に判明 - 神奈川県