Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ

デジタルアーツは、ウェブセキュリティ対策製品「i-FILTER」と、メールセキュリティ対策製品「m-FILTER」をクラウドサービスとして5月9日より提供開始する。

今回あらたにサービスを展開する「DigitalArts@Cloud」は、同社が従来オンプレミスとして提供してきたウェブやメール向けフィルタリング製品をクラウド経由で提供するもの。

クラウド版では、あらたに統合レポート画面を用意しているほか、ログを統合して分析し、アクセス履歴などの詳細をレポートとして取得することが可能。ポリシーなどの設定を行える統合簡易設定画面も備えている。

料金は、「i-FILTER@Cloud」「m-FILTER@Cloud」のいずれも500ライセンス導入の場合、1ユーザーあたり年額9072円から。

(Security NEXT - 2018/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント
マルチクラウドとセキュリティ対策の管理プラットフォーム - TIS
ログ監視やデバイス制御のクラウドサービス
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
NAC製品「iNetSec SF」の機能を強化、クラウド版も - PFU
パブリッククラウドの監査サービス - CECとソフォス
EDRやクラウドSIEMなど含むMDRサービス - ラピッドセブン
スマホによる顔認証入退管理ソリューション - NTTドコモ
マルチクラウド対応の集中管理製品「FireEye Cloudvisory」
製品起因でマルウェア感染したら最高100万ドル - メンロ・セキュリティ