Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ

デジタルアーツは、ウェブセキュリティ対策製品「i-FILTER」と、メールセキュリティ対策製品「m-FILTER」をクラウドサービスとして5月9日より提供開始する。

今回あらたにサービスを展開する「DigitalArts@Cloud」は、同社が従来オンプレミスとして提供してきたウェブやメール向けフィルタリング製品をクラウド経由で提供するもの。

クラウド版では、あらたに統合レポート画面を用意しているほか、ログを統合して分析し、アクセス履歴などの詳細をレポートとして取得することが可能。ポリシーなどの設定を行える統合簡易設定画面も備えている。

料金は、「i-FILTER@Cloud」「m-FILTER@Cloud」のいずれも500ライセンス導入の場合、1ユーザーあたり年額9072円から。

(Security NEXT - 2018/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブ実行環境を分離するクラウドサービス - プルーフポイント
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
エンドポイント対策製品「Apex One」にSaaS版 - トレンド
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
独自エンジンで相関分析するサーバ監視サービス - NTTデータ先技
富士通とUpstream、コネクテッドカー向けセキュリティで協業
不正なAPや端末を検知するWi-Fi監視サービス - スプライン
機械学習用いた株式不正売買審査の支援サービス - NEC
クラウドの利用実態を可視化するサービス - 日立ソ
エンドポイント対策サービスにEDR機能を追加 - IIJ