Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Tenable Appliance」にXSSの脆弱性 - 最新版で修正済み

脆弱性スキャナの「Nessus」をはじめ、Tenable製セキュリティ製品に対応したブラウザベースの管理アプライアンス「Tenable Appliance」に脆弱性が含まれていることが明らかになった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「Tenable Appliance 4.6.1」にクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2018-1142」が含まれていることが判明したもの。ウェブブラウザ上で任意のスクリプトを実行されるおそれがある。

脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの米山俊嗣氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。2月7日より修正版として「同4.7.0」が提供されている。

(Security NEXT - 2018/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NVIDIAのディスプレイドライバに複数脆弱性 - アップデートを提供
「Joomla 3.9.13」がリリース - 脆弱性2件を修正
フリマアプリ「ラクマ」に認証情報漏洩のおそれ
「Office for Mac」の「マクロ無効設定」が回避されるおそれ
オムロン製安全回路プログラミングツールに脆弱性 - アップデートがリリース
トレンドマイクロ「Apex One」にコマンドインジェクションの脆弱性
「Chrome」ゼロデイ脆弱性、水飲み場攻撃「WizardOpium作戦」に悪用
「Chrome」に2件の脆弱性、アップデート公開 - ゼロデイ攻撃も確認
「Samba」に3件の脆弱性 - アップデートがリリース
「vBulletin」狙った改ざん攻撃 - 他攻撃者のコード実行は制限