Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSのMeltdown緩和パッチ、適用で権限昇格おそれ - 悪用は未確認

一部Windows環境において、マイクロソフトより1月以降に公開されたセキュリティ更新を適用すると、任意のコードを実行されるおそれがあることがわかった。脆弱性を修正するアップデートがリリースされている。

今回明らかとなった脆弱性「CVE-2018-1038」は、Meltdownの緩和策として1月3日以降に公開されたパッチを適用することであらたに生じる権限昇格の脆弱性。

悪用には、システムにログオンする権限が必要となるが、新しいアカウントを作成したり、プログラムをインストールすることが可能となり、任意のコードを実行されるおそれがある。

20180330_ms_002.jpg
権限昇格の脆弱性「CVE-2018-1038」(表:MS)

(Security NEXT - 2018/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BIND 9」に複数の脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
「Drupal」に深刻なRCEの脆弱性 - 早急に脆弱性対応を
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - まもなく今月2度目のアップデート
「Adobe Acrobat/Reader」が定例外アップデート - 前回修正が不十分で
ソーシャルボタン設置する「WordPress」用プラグインに深刻な脆弱性
MQTTプロトコル汎用ライブラリの旧版にDoS攻撃受ける脆弱性
VMwareの複数製品に「runc」の脆弱性 - 一部製品にアップデート
「なりすまし」生じる「Exchange Server」の脆弱性へ対処 - MS
MS月例パッチ 、脆弱性74件を修正- 悪用確認済みのゼロデイ脆弱性にも対応
コンテナランタイム「runc」の脆弱性、実証コードが複数公開 - 早期対策を