Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東陽テクニカ、複数ソリューションの統合サービスを展開

東陽テクニカは、複数のセキュリティソリューションを統合し、一元化した情報をダッシュボードより参照できる「TOYOクラウド」を4月1日より提供開始する。

同社では、手はじめに同プラットフォームを通じて「TOYOサイバースレットハンティング」「TOYOサイバースレットアナリシス」を提供する。

「TOYOサイバースレットハンティング」では、利用者の関連する脅威情報をダークネットを含むインターネットより収集、分析結果を参照できる。「情報漏洩」「フィッシング」「脆弱性」「役員情報」「攻撃兆候」「ブランド」などに分類して分析するほか、誹謗中傷などの削除申請にも対応する。

また「TOYOサイバースレットアナリシス」では、ログを収集して解析。脅威を検出するほか、関連情報などを提供する。いずれも年間ライセンスとして提供し、最小構成で価格はそれぞれ725万7600円、84万2400円から。

(Security NEXT - 2018/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
マクニカ、S&Jを子会社化 - 経営層向けのサービスを強化
サイバーフィジカルシステムの脅威情報サービス - FireEye
ゲートウェイに新モデル、OSも強化 - Check Point
独自エンジンで相関分析するサーバ監視サービス - NTTデータ先技
富士通とUpstream、コネクテッドカー向けセキュリティで協業
偽メール対策製品の対応プラットフォームを拡大 - Darktrace
不正なAPや端末を検知するWi-Fi監視サービス - スプライン
Kaspersky、一部脅威インテリジェンスをオープンに
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁