Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東陽テクニカ、複数ソリューションの統合サービスを展開

東陽テクニカは、複数のセキュリティソリューションを統合し、一元化した情報をダッシュボードより参照できる「TOYOクラウド」を4月1日より提供開始する。

同社では、手はじめに同プラットフォームを通じて「TOYOサイバースレットハンティング」「TOYOサイバースレットアナリシス」を提供する。

「TOYOサイバースレットハンティング」では、利用者の関連する脅威情報をダークネットを含むインターネットより収集、分析結果を参照できる。「情報漏洩」「フィッシング」「脆弱性」「役員情報」「攻撃兆候」「ブランド」などに分類して分析するほか、誹謗中傷などの削除申請にも対応する。

また「TOYOサイバースレットアナリシス」では、ログを収集して解析。脅威を検出するほか、関連情報などを提供する。いずれも年間ライセンスとして提供し、最小構成で価格はそれぞれ725万7600円、84万2400円から。

(Security NEXT - 2018/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
日立とトレンド、セキュリティ人材育成で協業 - サイバー攻撃対応研修を提供
IoT向けセキュリティコンサルサービス - EGセキュア
機械学習とOSSを活用したSIEMソリューション - GRCS
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
セキュリティ専門家のノウハウを機械学習、SOCに活用 - SBT
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ