Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、3月の月例パッチを公開 - 74件の脆弱性を解消

マイクロソフトは、3月の月例セキュリティ更新を公開した。同日公開された「Adobe Flash Player」の脆弱性を除くと、CVEベースで74件の脆弱性へ対処している。

20180314_ms_001.jpg
環境ごとに脆弱性を調べることができるマイクロソフトのセキュリティ更新プログラムガイド

今回のアップデートでは、「Windows」をはじめ、同社ブラウザの「Internet Explorer」「Microsoft Edge」の脆弱性に対応。

さらに「Office」「Exchange Server」「ChakraCore」「ASP.NET Core」「.NET Core」「PowerShell Core」で明らかとなった脆弱性を修正している。

また同日Adobe Systemsより公開された「Adobe Flash Player」の脆弱性に対しても、ブラウザ同梱版のアップデートを実施した

脆弱性の最大深刻度を見ると、4段階中もっとも高い「緊急」とレーティングされている脆弱性が14件、次いで深刻度が高い「重要」が59件、もっとも低い「注意」が1件だった。

(Security NEXT - 2018/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Framemaker」に深刻な脆弱性 - 適用優先度は低設定
三菱電機の一部制御システム製品に「URGENT/11」の脆弱性
Lenovo製インフラ管理ソフトに情報漏洩のおそれ
ウェブアプリフレームワーク「Django」に深刻な脆弱性
「Apache Dubbo」にRCE脆弱性 - 2019年12月の更新で修正済み
ネットワークカメラ向けアプリに認証不備の脆弱性
一部「ウイルスバスタークラウド」に無効化される脆弱性
WordPressの脆弱性を診断するサービス - カゴヤ・ジャパン
「IBM ServeRAID Manager」にRCE脆弱性 - サポートはすでに終了
「Firefox 73」が登場 - 脆弱性6件を修正