Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正ログインの被害相談、直近5カ月で104件 - IPAが対策呼びかけ

不正ログインに関する相談が情報処理推進機構(IPA)へ多数寄せられていることがわかった。直近5カ月で104件にのぼり、同機構では対策方法公開し、注意を呼びかけている。

同機構によれば、ウェブサービスに対する不正ログインの被害相談が継続的に寄せられており、2017年10月から2018年2月末までの累計で104件にのぼったという。

こうした状況を受け、同機構では不正ログイン対策について情報提供を行うページを開設。不正ログイン対策としてパスワードの適切な作成と管理が有効であるとし、同機構ではパスワードについて「できるだけ長く」「複雑で」「使い回さないもの」を推奨するとしており、設定方法のコツなどを案内している。

また、パスワードにくわえて複数の要素を組みあわせた「多要素認証」、多段で認証を行う「多段階認証」の利用を推奨。例として「Apple ID」と「Googleアカウント」における設定手順について紹介している。

(Security NEXT - 2018/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
「不正ログイン対策」や「家庭用IoT機器のセキュリティ」学ぶ動画
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に
2割弱が出所不明の公衆無線LAN利用 - 「セキュリティ意識していない」 約3割
Pマーク事業者の個人情報関連事故、2016年度は843組織2044件
子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も
IPAが10大脅威を選出 - 注目集めるランサムウェア