Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

太陽光発電メーカー4社へ顧客情報を誤送信 - 中国電力

中国電力は、太陽光発電メーカー4社へ送信したメールにおいて、誤って太陽光発電の売買契約をしている顧客情報を添付していたことを明らかにした。

同社によれば、2月中旬から下旬にかけて太陽光発電関連メーカー4社へ送信したメールにおいて、本来は対応予定件数のみを記載したファイルを送信するところ、誤って顧客情報含むファイルを添付してしまったという。

問題のファイルには、同社と太陽光発電の売買契約をしている顧客7659件の契約名義や契約番号、発電設備の設置場所などの情報が含まれていた。

同社では誤送信の判明後、送信先となったメーカーへファイルの削除を依頼。削除されたことや外部への転送がないことを確認した。対象となる顧客に対しては、書面で経緯を説明し、謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2018/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

取引情報8.4万件含むATM記録紙を紛失 - 北おおさか信金
会員約24万件のアカウント情報が外部データと一致 - プレミアム・アウトレット
顧客リストを運搬中に紛失、一部未回収 - 大分瓦斯
不正アクセスの最終報告、影響は顧客情報最大3万1574件に - ポルシェジャパン
印影など含む帳票を保存箱ごと紛失、誤廃棄か - JAちばみどり
元従業員が顧客情報を持ち出し、一部にDM送付 - エステサロン
ポルシェジャパンに不正アクセス、顧客情報2.8万件が流出 - 独親会社からの指摘で判明
顧客情報など約2.6万件を従業員が持ち出し、ネット上に保存 - 千葉県の不動産会社
修理工事の領収証控が所在不明、誤廃棄の可能性 - 東京ガス
物件所有者や入居者など顧客情報含む契約書類が所在不明に - 大和リビング