Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

楽天カードでシステム不具合、借入や一部支払に影響

楽天カードにおいて、クレジットカードによる借り入れや一部で買い物ができなくなるなど障害が発生した。同社では復旧を進めているが、一部に影響が残っている。

同社によれば、3月1日23時50分ごろより障害が発生したもの。口座振替の状況について反映が遅れ、一部でクレジットカードによるショッピングができなくなったほか、キャッシング、利用明細の確認などが利用できない状態となった。

クレジットカードによるショッピングは、同月4日3時過ぎに復旧。また4日18時半の時点で、クレジットカードの申し込みについては審査に時間を要している。

一方、クレジットカードによるキャッシングについては復旧しておらず、またウェブサイト「楽天e-NAVI」や「楽天カードアプリ」についても、3月以降の利用明細を確認したり、利用可能額の照会、会員情報の変更などが行えない状態となっている。

同社では、システムの不具合による処理の遅延が原因としており、サイバー攻撃による影響や情報漏洩については否定。全面復旧へ向けて作業を進めている。

お詫びと訂正:本記事初出時の記載について、クレジットカードの申し込みに関する記載に誤りがあり、修正いたしました。ご迷惑をおかけした読者、関係者のみなさまにお詫びし、訂正いたします。

 

(Security NEXT - 2018/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ジャニーズ会員制サイトが復旧 - 原因は外部インフラ
図書館サイト停止、情報流出は否定 - 川崎市
「Jip-Base」の障害、15%でデータ復旧不可能
自治体向けIaaSサービス「Jip-Base」、復旧目処立たず
自治体向けクラウド基盤で障害 - 9日の復旧目指す
大阪市でシステム障害、証明書など発行できず
クレカ利用情報を重複送信、デビカで二重引落としの可能性 - 京急百貨店
JALでシステム障害 - 復旧するも影響続く
システム障害で車検証が一時発行できず - 国交省
住民記録システムで一時障害、異動届出の入力できず - 神戸市