Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日商エレ、ネットワーク脅威検知のVectra Networksに出資

日商エレクトロニクスは、ネットワーク向けの脅威検知プラットフォームを展開する米Vectra Networksに出資した。

VectraのシリーズDとなる第三者割当増資に出資したもの。日商エレでは、2016年よりVectra Networks製品を国内で展開しているが、はじめての出資となる。具体的な金額などは明らかにされていない。同社や投資ファンドなど、シリーズDには3社が参加しているが、アジアからは唯一の出資だという。

Vectra Networksでは、増資を受けて4拠点目となるR&Dセンターをアイルランドに設置。研究開発体制を強化する予定。

日商エレでは、今回の出資によりVectraとの関係を強め、ファイアウォールやネットワーク機器との連携ソリューションや、SOCサービス「Managed Cyber Gate(MCG)」における解析サービスの拡充など、セキュリティ事業の強化を進める。

(Security NEXT - 2018/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

エヌシーアイ、DDoS攻撃対策の運用監視サービス
双日ら3社、官公庁や企業向けセキュリティー事業に本格参入
トラブル発生時に再起動で復元できる「Lizard Recovery Solo」
内部からのハッキングを自動遮断する韓Handreamnet製スイッチ - 日商エレクトロニクス
日商エレ、内部統制の初期診断コンサルサービスを開始
SuicaやFeliCaでログインや暗号化を実現 - 日商エレ
日商エレクトロニクス、IPアドレスを管理制御するシステムを販売開始
日商エレ、シマンテックらと協力してネットワーク監視ソリューションを提供