Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソニーペイメントと日商エレ、不正決済の検知サービス

ソニーペイメントサービスと日商エレクトロニクスは、オンライン取引における不正利用検知サービスを共同で提供開始した。

同サービスは、日商エレの不正検知サービス「Tranfis」と、ソニーペイメントサービスが契約するサイバーソースの不正決済検知ソリューション「Decision Manager」を利用した行動分析型の不正検知サービス。

エンドユーザーのユーザー情報、注文内容、配送先情報など複数の情報からリスクを判定。日商エレの不正検知専門のデータアナリストが、加盟店にあわせた不正傾向や特徴を分析し、検知機能を提供する。

ソニーペイメントサービスが提供する決済代行サービスと連動しており、決済と同時に疑わしい取引を検知し、追加認証を行うことが可能。リアルタイムに結果が確認できるほか、月次レポートを提供する。

(Security NEXT - 2020/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年の個人情報漏洩は386件、想定損害賠償額は1914億円 - JNSAまとめ
決済サービス事業者による「EC決済協議会」が発足 - 「セキュリティ」「不正利用対策」の情報を共有
2010年上半期にフィッシングで悪用されたブランドは「PayPal」が半数超
Visa、加盟店における安全な決済アプリの利用を確認する要件を発表
ネットショップ向け決済サービスのセキュリティ強化で協業 - SBPSら