Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

組織内部に潜伏する脅威を可視化するサービス - 日商エレ

日商エレクトロニクスは、組織の内部ネットワークにおけるトラフィックを分析し、システム内に潜む脅威を調査するサービスを提供開始した。

今回サービスを開始した「潜伏脅威診断サービス」は、同社が取り扱うVectra Networksの「Xシリーズ」を活用し、システム内におけるサイバー攻撃の脅威を可視化するサービス。

内部ネットワークのトラフィックを一定期間モニタリングして、疑わしい振る舞いや、危険なホストを検知。監視結果を分析し、対策の提案を含めた診断レポートを提供する。クライアントにエージェントを導入することなく、調査を行うことが可能。

料金は1回あたり81万円から。同社では、2018年度に20件、2020年度に50件の導入を目指し、サービスを展開していく。

(Security NEXT - 2018/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
サイバー攻撃可視化プラットフォーム「NIRVANA改」がIPv6対応
パナソニックとマカフィー、自動車SOCを共同構築
旧サービス再編した「秘文 統合エンドポイント管理サービス」 - 日立ソ
ラック、「ゼロトラスト時代のSOC構築と運用ガイドライン」を公開
システム堅牢化やCTFなど人材育成演習サービスを拡充 - NEC
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
UTMに1Uの高スループットモデルを追加 - ウォッチガード
Cymulate製の疑似標的型攻撃サービス - 内部感染フェーズも再現