Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約147万のJPドメイン、「SPF」設定は半数弱 - 「DMARC」は約0.5%

総務省は、JPドメインにおける「送信ドメイン認証」の設定状況について調査を実施し、結果を取りまとめた。

「メール送信ドメイン認証」は、メールにおけるドメインの詐称などを受信側で確認できるようにするための技術。利用するには、受信者側で確認できるよう、あらかじめメール送信者側がDNSにレコードを設定しておく必要がある。

今回の調査にあたっては、同省の委託先である日本データ通信協会が日本レジストリサービス(JPRS)と共同研究契約を締結。JPドメインのすべてを対象に、「SPF」や「DKIM」「DMARC」などの送信ドメイン認証の設定状況について調べた。

1月末時点で、全JPドメイン147万1348件のうち、「SPF」が設定されていたのは69万9672件。「DMARC」の設定数は7835件だった。

(Security NEXT - 2018/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用
総務大臣賞が発表、迷惑メール対策推進協議会や神山氏ら受賞
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
迷惑メール対策カンファレンスを大阪と都内で開催 - IAjapan
プロバイダにおける迷惑メール対策導入状況を公表 - 総務省
総務省、迷惑メール防止技術の導入状況を公表 - DMARC導入は2社
フィッシング対策ガイドラインが改訂 - 優先度や「DMARC」の記載を追加
ナノオプト、メールセキュリティに特化したカンファレンスイベント
IIJ、なりすまし警告付きウェブメールサービス