Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「端末がウイルスに感染」と脅して偽サイトへ誘導 - ドコモかたるフィッシング

NTTドコモのウェブサービス利用者を狙ったフィッシングメールが確認されている。「不正ログインが発生」「端末がウイルスに感染」といった文言で不安を煽り、偽サイトに誘導していた。

同社によれば、問題のメールは、利用しているアカウントが第三者に不正ログインされた可能性があるため、パスワードをリセットしたなどと説明。引き続き利用する場合はパスワードの再設定が必要などとだます内容だった。

さらに端末がウイルスに感染している可能性があるなどとメール受信者の不安を煽り、同社サービス「dアカウント」のログイン画面を装ったフィッシングサイトに誘導。IDとパスワードの窃取を試みる。

また今回のフィッシング攻撃では。「security1-docomo」「security-docomo」といった文字列を含むドメインを悪用。正規サービスの関連サイトに見せかけようとしていた。

20180207_nd_001.jpg
フィッシングメールの内容(画像:NTTドコモ)

(Security NEXT - 2018/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブ上の電話番号に潜む危険 - 「Googleマップ」や「Wikipedia」経由で詐欺誘導
偽「メンテナンス」通知に注意 - 三井住友銀装うフィッシング
「Amazonプライム」の会員狙うフィッシング - ブランド名を誤るミスも
「第一暗証はワンタイムパスワードではございません」 - 三井住友銀かたるSMSに注意
「クレカ情報の漏洩や不正利用を確認できる」とだますフィッシング - 全銀協を偽装
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
クレカ明細サービス装うフィッシング攻撃 - 「信頼性高めるため」などと本文中URLからのアクセス促す
「Yahoo!JAPANカード」の利用者狙うフィッシング - PW初期化案内を偽装
4段階ある凝った作りの偽Amazonサイト - クレカの本人認証ページまで用意