Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省 - 公衆無線LANのセキュリティ対策で意見募集

総務省は、公衆無線LANセキュリティ分科会が取りまとめた報告書案について意見募集を実施している。

同報告書案は、公衆無線LANにおいて必要となるセキュリティ対策について検討したもの。現状の脅威や対策など踏まえた上で、セキュリティ対策の考え方、認証や暗号化などのあり方、普及策について言及している。

同報告書案に対する意見は、電子政府の総合窓口「e-Gov」やメール、ファックス、郵送にて受け付ける。意見の提出期限は2月21日。郵送の場合は、同日消印有効となる。

同省では、提出された意見を踏まえて3月を目途に報告書を取りまとめる予定。

(Security NEXT - 2018/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

総務省、「テレワークセキュリティガイドライン」改正案でパブコメ
2割弱が出所不明の公衆無線LAN利用 - 「セキュリティ意識していない」 約3割
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
総務省、公衆無線LANセキュリティの課題や対策を検討
公衆無線LANの安全性を確認するユーザーは3人に1人
佐賀県教委、10項目のセキュリティ対策実施計画を策定
「ランサムウェア」の認知度、3割満たず - マカフィー調査
セキュリティ侵害発覚まで平均520日 - 狙いは役員の「メール」
公衆無線LAN利用者や設置者向けに手引書 - 脅威や対策を解説
「セキュリティソフト導入」は5割強 - 対策しない理由「わからない」