Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報保護委員会をかたる「なりすましメール」に注意を

個人情報保護委員会は、同委員会の名称をかたり、金銭をだましとる不審なメールが出回っているとして注意を呼びかけている。

同委員会と関係ない第三者が「個人情報保護委員会」を名乗り、メールを送りつけるケースが確認されたとして、注意喚起を行ったもの。

問題のメールでは「個人情報保護法に基づいて個人情報の調査を行う」などと説明し、金銭を要求してくるという。

同委員会では、個人情報に関する調査をメールで行い、金銭を要求することはないと説明。同委員会とは一切関係ないとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - 「Windows ALPC」のゼロデイ脆弱性に対応
四国電力の会員サービスに不正ログイン - 149人でポイント交換被害
「eoID」で6458件の不正ログイン被害 - 盆休みに約126万回の試行
約4割に「BEC」受信経験 、受信者の8.7%が送金 - 5億円以上のケースも
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃
LPWAにも対応する無線通信のセキュリティ診断サービス
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
偽「Abema TV」に注意 - 個人情報詐取や出演依頼偽装した脅迫など発生
複数IPよりニコニコにPWリスト攻撃 - 5月に続き注意喚起
BEC被害、4年半強で7.8万件 - 被害額は125億ドル超