Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報保護委員会をかたる「なりすましメール」に注意を

個人情報保護委員会は、同委員会の名称をかたり、金銭をだましとる不審なメールが出回っているとして注意を呼びかけている。

同委員会と関係ない第三者が「個人情報保護委員会」を名乗り、メールを送りつけるケースが確認されたとして、注意喚起を行ったもの。

問題のメールでは「個人情報保護法に基づいて個人情報の調査を行う」などと説明し、金銭を要求してくるという。

同委員会では、個人情報に関する調査をメールで行い、金銭を要求することはないと説明。同委員会とは一切関係ないとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「なりすまし」生じる「Exchange Server」の脆弱性へ対処 - MS
MS月例パッチ 、脆弱性74件を修正- 悪用確認済みのゼロデイ脆弱性にも対応
ウェブ上の電話番号に潜む危険 - 「Googleマップ」や「Wikipedia」経由で詐欺誘導
「Exchange Server」の深刻な脆弱性、MSがアップデートを開発中
「MS Exchange 2013」以降に脆弱性「PrivExchange」 - ドメイン管理者権限奪われるおそれも
PWリスト攻撃によるログイン試行を検知 - ディノス・セシール
「不正ログイン」の相談、前四半期比66.2%増 - 調査開始以降最多
役員や経理部長のメールを機械学習、特徴からBEC検知
QRコード決済事業者向けにセキュリティ対策支援 - NRIセキュア
FireEye、メールセキュリティ製品に新版 - リンク置換で保護、BEC対策も