Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報保護委員会をかたる「なりすましメール」に注意を

個人情報保護委員会は、同委員会の名称をかたり、金銭をだましとる不審なメールが出回っているとして注意を呼びかけている。

同委員会と関係ない第三者が「個人情報保護委員会」を名乗り、メールを送りつけるケースが確認されたとして、注意喚起を行ったもの。

問題のメールでは「個人情報保護法に基づいて個人情報の調査を行う」などと説明し、金銭を要求してくるという。

同委員会では、個人情報に関する調査をメールで行い、金銭を要求することはないと説明。同委員会とは一切関係ないとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トヨタ紡織の欧州子会社で最大40億円の詐欺被害 - 虚偽の入金指示で
「Chrome 77」で52件のセキュリティ修正 - EV証明書の常時組織名表示を削除
MS、月例パッチで脆弱性79件を修正 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
ネットサービスの不正予兆検知サービス - 不正決済やマネロン、PWリスト攻撃に対応
クレカ明細「Vpassアプリ」にPWリスト攻撃 - 約1.6万件がログイン許す
MS、月例パッチで脆弱性93件に対処 - 盆休み重なる更新に注意を
巧妙化するBEC、実質被害逃れるも送金前後で気付くケースも
7月のフィッシングURL、前月比約1.5倍に - 初の2000件超
第三者がアプリでTポイントを不正利用 - PWリスト攻撃などの形跡見られず
アルペンにPWリスト攻撃 - 攻撃者は複数店舗でポイント使用