Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox 58.0.1」がリリース、コード実行の脆弱性を修正

Mozilla Foundationは、セキュリティアップデートとなる「Firefox 58.0.1」をリリースし、脆弱性を修正した。

同団体では、1月23日に「Firefox 58」をリリース。解放後のメモリへアクセスする「Use-after-free」の脆弱性「CVE-2018-5091」を解消。

さらにメモリ保護に関する「CVE-2018-5089」や「CVE-2018-5090」など、重要度が「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性3件を含むあわせて32件の脆弱性を修正していたが、今回さらにマイナーアップデートを実施し、あらたな脆弱性に対処した。

具体的には、ブラウザのサニタイズを行わないユーザーインターフェースを通じてコード実行が可能となる脆弱性に対応したもので、重要度は「クリティカル(Critical)」にレーティングされている。

(Security NEXT - 2018/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ブラウザ「Edge」に未修正の脆弱性 - 報告から90日経過、Googleが公表
Gemalto製ライセンス管理製品に複数脆弱性 - ドングル接続時にFWを開放、RCEのおそれ
「ウイルスバスター」導入環境にdllハイジャックの脆弱性
MS、月例パッチで50件の脆弱性を修正 - 一部公開済みの脆弱性も
「Adobe Acrobat/Reader」にセキュリティ更新 - 脆弱性41件を修正
「Adobe Experience Manager」にセキュリティアップデート
Adobe、「Acrobat/Reader」のセキュリティアップデートを2月13日に公開予定
VMware製仮想アプライアンス6製品、「Meltdown」「Spectre」が影響
Intel、脆弱性「Spectre」を軽減する「Skylake」向けマイクロコードをリリース
「WordPress」にDoS攻撃を受けるおそれ、研究者が指摘