Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務相、自治体へマイナンバー制度の推進を要請

総務省は、都道府県知事と市区町村長に対し、マイナンバー制度の推進に向けた積極的な取り組みを要請する大臣書簡を送付した。

同書簡は、施行から2年あまりが経過したマイナンバー制度の推進に向けて、地方自治体における取り組みを要請するもの。

公的な身分証として利用できるマイナンバーカードをはじめ、マイナンバーを利用して異なる行政機関の間で個人情報のやり取りを行う情報連携や、個人単位で開設できるマイナポータルなど、マイナンバー制度のインフラを最大限に活用するための取り組みを求めている。

また、マイナンバーやマイナンバーカードの悪用に関する不安を払拭することも重要と指摘。マイナンバーカードの偽造防止措置やなりすまし防止対策などにより安全に利用できることを、住民に広く周知するよう求めている。

(Security NEXT - 2018/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

富士通、マイナンバーカードを活用したボランティア管理の課題調査を実施
マイナンバーを異なる法人へ誤送信、システム処理ミスで - 上越市
マイナンバー含む課税資料を一時紛失、通知遅延も - 川崎市
マイナンバー関連事故は374件、前年度から倍増 - 5件は「重大な事態」
マイナンバー業務で知った個人情報を不正利用、職員処分 - 横浜市
大阪府で児童扶養手当の決裁文書紛失が判明、2017年に5月発生 - 本籍や病歴、マイナンバーも
無関係の人事情報を取得した職員を懲戒処分 - 東松島市
交付前のマイナンバーカードと交付用端末が盗難 - 横浜市
ふるさと納税の寄付者に関するマイナンバーなど個人情報を紛失 - 丹波市
未受領で返送されたマイナンバー通知カードを紛失 - 川崎市