Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows 7」「WS 2008」の移行準備を - 攻撃増加懸念される東京五輪直前にサポート終了

「Windows 7」「Windows Server 2008」のサポート期間が2年を切った。マイクロソフトや関係機関では、余裕を持った移行を呼びかけている。

「Windows 7」「Windows Server 2008」の延長サポートが2020年1月14日に終了するもの。セキュリティ更新プログラムが提供されなくなり、以降は脆弱性の修正はもちろん、脆弱性の影響さえ把握することが困難となる。

2014年に当時利用者が多かった「Windows XP」のサポートが終了した際、移行にまにあわないケースが発生するなど一部で騒ぎとなった。さらにサポート終了直後には重大な脆弱性が見つかり、急遽例外的にパッチがリリースされている。

特に「Windows 7」は、「Windows XP」のサポート終了時に、移行先として人気を博したOSだ。NetMarketShareが公表しているデスクトップOSのシェアを見ても、「Windows 7」は2017年12月の段階で約45.1%と突出しており、多くのユーザーが移行を控えている。

(Security NEXT - 2018/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

北朝鮮悪用のFlash脆弱性、広く悪用される状態に - 海外中心に攻撃が拡大、国内でも
脆弱性「Drupalgeddon 2.0」、実証コード公開で攻撃段階に
「Cisco WebEx Clients」に深刻な脆弱性 - ファイル共有でコード実行のおそれ
「OpenSSL」のRSA鍵生成時に秘密鍵取得されるおそれ - 次期更新で修正予定
「Drupal 8」に「Drupalgeddon 2.0」とは異なるあらたな脆弱性 - 重要度は「中」
「Chrome 66」でセキュリティに関する62件を修正 - サンドボックス「Site Isolation」をトライアル
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
国内でも「Drupalgeddon 2.0」を観測 - 「Drupal」利用者はアップデート状況の確認を
スマート電球など身近な複数IoT機器に脆弱性 - ファームウェアの確認を
「Java SE」に14件の脆弱性 - アップデートが公開