Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows 7」「WS 2008」の移行準備を - 攻撃増加懸念される東京五輪直前にサポート終了

「Windows 7」「Windows Server 2008」のサポート期間が2年を切った。マイクロソフトや関係機関では、余裕を持った移行を呼びかけている。

「Windows 7」「Windows Server 2008」の延長サポートが2020年1月14日に終了するもの。セキュリティ更新プログラムが提供されなくなり、以降は脆弱性の修正はもちろん、脆弱性の影響さえ把握することが困難となる。

2014年に当時利用者が多かった「Windows XP」のサポートが終了した際、移行にまにあわないケースが発生するなど一部で騒ぎとなった。さらにサポート終了直後には重大な脆弱性が見つかり、急遽例外的にパッチがリリースされている。

特に「Windows 7」は、「Windows XP」のサポート終了時に、移行先として人気を博したOSだ。NetMarketShareが公表しているデスクトップOSのシェアを見ても、「Windows 7」は2017年12月の段階で約45.1%と突出しており、多くのユーザーが移行を控えている。

(Security NEXT - 2018/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BIND 9」のダイナミックDNS機能に脆弱性 - 10月の次期アップデートで対応予定
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 9月19日にアップデートを公開予定
予告どおり「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 脆弱性7件を修正
「スリープモードは脆弱」 - HDD暗号化済みPC内部へアクセス可能となる問題が判明
Apple、「iOS 12」をリリース - 複数脆弱性を解消
PHPに脆弱性、セキュリティ更新がリリース - 不正プログラムをインストールされる可能性も
前版より約10日、「Ghostscript」が再修正 - アップデートを強く推奨
深刻な脆弱性に対処した「Ghostscript 9.24」が前倒しで公開 - アップデートを強く推奨
マルウェア画像のFAX送信で受信端末乗っ取る「Faxploit」 - 複合機踏み台にネットワーク攻撃のおそれも
悪用確認済みの「Windowsタスクスケジューラ」脆弱性に修正パッチ - PoC公表から約2週間