Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NICTやPwC-CSら、重要インフラのサイバー攻撃対策技術で共同研究

情報通信研究機構(NICT)、PwCサイバーサービス、中部電力の3者は、重要インフラにおけるサイバー攻撃の対策技術の共同研究を推進する。

今回の取り組みでは、重要インフラや制御システムに対するサイバー攻撃対策において、予兆の段階で検知、観測する技術の向上をテーマに研究を進める。

サイバー攻撃を可視化し、予兆を検知するシステム「NIRVANA改」を開発するNICT、サイバー攻撃のデータ収集やアセスメント、フレームワークの開発を手がけるPwCサイバーサービス、システムのセキュリティ監視を行う中部電力などそれぞれのノウハウを活かす。

具体的には、NICTのサイバー攻撃観測網とPwCサイバーサービスのフレームワークを連携。中部電力のシステムを実証フィールドとして活用し、実践的な研究を進めていく。

(Security NEXT - 2018/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、重要インフラの安全基準に関する指針改訂でパブコメ実施
重要インフラ13分野の横断的サイバー演習 - 2600人が参加予定
日立、情報セキュリティ体制を強化 - セキュリティリスク統括本部を設置
重要インフラのセキュリティ確保に向けたシンポジウム
巧妙化する標的型攻撃、複数マルウェアの同時感染で攻撃を冗長化
政府「サイバーセキュリティ2017案」で意見募集 - セキュリティ重視の経営を促進
IPA、脆弱性情報共有のガイドラインを改訂 - 重要インフラ事業者への優先提供で要件を明文化
中部電力ら、産学でセキュリティ分野を共同研究
重要インフラセキュリティ対策の第4次行動計画が決定 - パブコメに意見20件
IPA、産業サイバーセキュリティセンターの運用を開始 - 模擬プラント演習なども