Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

可視光利用した手のひら静脈認証で実証実験

ユニバーサルロボット、JCB、産業技術総合研究所は、共同研究の一環として可視光による手のひら静脈認証技術を用いた認証サービスの実証実験を、2月にJCB青山本社内で実施する。

従来より近赤外線を照射して静脈パターンを読み取る静脈認証が活用されているが、同実証実験では、可視光で静脈パターンを取得し、スマートフォンのカメラによる静脈認証が可能とされる認証技術を活用する。

スマートフォンによる登録からサーバへの保管、認証、スマートフォンに対する認証結果の反映など、一連の流れが想定通りに行われるか、技術面を中心に検証を進めるとしている。

今後は、スマートフォンで手のひら静脈情報をサーバーに登録し、さまざまなサービスの認証に活用できるよう検討を進める。

(Security NEXT - 2018/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
指紋認証機能を搭載したクレジットカード - 凸版印刷
Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
産業用ドローンにセキュリティガイド - リスクや業務運用の注意点など解説
SiSOC TOKYOとDDS、皮膚の微細構造を用いる指紋認証
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
定義ファイル非依存のエンドポイント向け製品に新版 - ソフォス