Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

可視光利用した手のひら静脈認証で実証実験

ユニバーサルロボット、JCB、産業技術総合研究所は、共同研究の一環として可視光による手のひら静脈認証技術を用いた認証サービスの実証実験を、2月にJCB青山本社内で実施する。

従来より近赤外線を照射して静脈パターンを読み取る静脈認証が活用されているが、同実証実験では、可視光で静脈パターンを取得し、スマートフォンのカメラによる静脈認証が可能とされる認証技術を活用する。

スマートフォンによる登録からサーバへの保管、認証、スマートフォンに対する認証結果の反映など、一連の流れが想定通りに行われるか、技術面を中心に検証を進めるとしている。

今後は、スマートフォンで手のひら静脈情報をサーバーに登録し、さまざまなサービスの認証に活用できるよう検討を進める。

(Security NEXT - 2018/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

プルーフポイント、「DMARC」を活用した「BEC」の対策製品
スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
ブロックチェーンを活用したIoT機器のプロビジョニングシステム
イオン銀、指紋と静脈認証による本人認証をスタート - カードや暗証番号不要
過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
NECとCEC、基幹系システムに対応した認証印刷ソリューション
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
三菱電機とグローリー、ネットカメラを用いた顔認証システムで協業