Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SECCON、自作ツールのデモ展示企画「SECCON YOROZU」を実施

SECCON実行委員会は、セキュリティ技術を競うコンテスト「SECCON 2017」の決勝会場において、自作ツールの展示スペースを提供する新企画「SECCON YOROZU(よろず屋)」を発表した。

セキュリティの関連ツールを手がける開発者向けに、決勝2日目、3日目にあたる2月17日、18日に展示スペースを提供するもの。

決勝は東京電機大学で開催され、約1500人の来場を予定しており、開発したツールをアピールできる場になるとしている。ツールはオープンソースである必要はないが、一般公開されており、誰にでも利用できることなど、条件がある。

SECCON実行委員会では、同企画の登録募集をまもなく開始する予定。詳細はSECCONのウェブサイトから。

(Security NEXT - 2017/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国内初心者向けにオンラインCTF大会を開催 - SECCON
SECCON 2019、国内チームが優勝 - クラウド化など運用環境も進化
SECCON 2019決勝、今週末に開催 - 講演などイベント盛り沢山
「Trend Micro CTF 2019」 - ポーランドチームが優勝
「SECCON CTF 2019」のオンライン予選、まもなく開催
学生向けCTFコンテストを11月に都内で開催 - NRIセキュア
スタートアップのFlatt、約2.2億円を調達
「SECCON CTF 2019」の開催日程が明らかに
新元号到来をCTFで迎える「令和CTF」が緊急開催
SECCON優勝チーム所属の東大生サークルがCTFを開催