Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジュニパー、SDSNプラットフォームにポリシー管理の自動化など追加

ジュニパーネットワークスは、同社が展開する「Software-Defined Secure Networks(SDSN)」プラットフォームの強化を発表した。セキュリティ自動化やオンプレミスの新しいマルウェア検知アプライアンスなどを提供する。

同プラットフォームにおいて、ポリシー管理の自動化や、復旧の時間短縮、マルウェア防御の機能強化など実施したもの。

インテントベースのフレームワークにより、ネットワーク状況の変更に応じてポリシーを作成、実行することが可能となる「Junos Space Security Director」を提供。攻撃に対する修復ポリシーの作成や、ファイアウォールのルール管理などに活用できる。

一方「Advanced Threat Prevention Appliance」では、また従来クラウドで提供してきたマルウェア検知機能をオンプレミスで提供。脅威を可視化し、影響を軽減するための機能を提供する。

またファイアウォール「SRXシリーズ」において「SRX4600」をリリース。「Security Director」と統合されており、プライベートクラウド環境向けに提供していく。

(Security NEXT - 2017/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ソフトクリエイト、ID管理ツール「LDAP Manager」をクラウド展開
C2Cの違法取引を監視する新サービス - イー・ガーディアン
Carbon Black、日本国内にクラウド運用基盤 - アジア太平洋地域も視野に
開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
機械学習とOSSを活用したSIEMソリューション - GRCS
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
セキュリティ専門家のノウハウを機械学習、SOCに活用 - SBT
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も