Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱ルータを狙うアクセス、11月20日ごろより観測数増加 - 警察庁

国内で流通するルータを対象とした「Mirai」とみられるマルウェアの感染活動が検知された問題で、警察庁では引き続き脆弱性を狙う攻撃を観測しているとして早急な対策を呼びかけている。

警察庁によれば、同庁の観測システムにおいて、TCP 52869番ポートに対する攻撃の増加を11月1日より観測。特に11月16日前後からアクセスが増加し、12月に入っても収束する気配が見られないという。

TCP 52869番ポートは、ロジテック製の一部ルータにおいてUPnPで利用しており、脆弱性が存在する旧版のファームウェアを利用している場合、インターネットよりアクセス可能で、脆弱性に対する攻撃を受けるおそれがあることが明らかになっている。

20171220_np_001.jpg
TCP 52869番ポートに対するアクセス(グラフ:警察庁)

(Security NEXT - 2017/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Cisco WebEx Clients」に深刻な脆弱性 - ファイル共有でコード実行のおそれ
「OpenSSL」のRSA鍵生成時に秘密鍵取得されるおそれ - 次期更新で修正予定
「Drupal 8」に「Drupalgeddon 2.0」とは異なるあらたな脆弱性 - 重要度は「中」
「Chrome 66」でセキュリティに関する62件を修正 - サンドボックス「Site Isolation」をトライアル
脆弱性「Drupalgeddon 2.0」、実証コード公開で攻撃段階に
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
国内でも「Drupalgeddon 2.0」を観測 - 「Drupal」利用者はアップデート状況の確認を
スマート電球など身近な複数IoT機器に脆弱性 - ファームウェアの確認を
「Java SE」に14件の脆弱性 - アップデートが公開
Oracleが定例アップデート、脆弱性254件を修正 - 143件はRCE脆弱性