Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「制御システムリスク分析ガイド」に「活用の手引き」 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、制御システムを活用する事業者向けにガイド「制御システムのセキュリティリスク分析ガイド」を提供しているが、同ガイドの利用を促すため、「活用の手引き」をあらたに公開した。

同ガイドは、制御システムのセキュリティ向上に必要なセキュリティリスク分析を、事業者が実施できるようにするための資料。リスク分析の全体像と作業手順を解説し、分析手法を紹介。リスク分析を補助する素材や、リスク分析結果の活用例など提供している。

ガイドの本編は350ページ。別冊も70ページとボリュームが大きいことから、ガイドを有効に活用できるようポイントを解説した「活用の手引き」を用意した。

「ガイド本編」「別冊」「活用の手引き」いずれも、同機構のウェブサイトよりダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2017/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ココン、第三者割当増資で約28億円を調達 - セキュリティ診断技術の研究開発を促進
制御システムセキュリティカンファレンスで講演募集 - JPCERT/CC
工場向け産業用IoT機器、導入時の注意点は? - JPCERT/CCが解説
「Trend Micro CTF 2018」が開催 - 9月に予選、決勝は12月
2018年2Qの脆弱性登録は3757件 - 上位8割がOS関連
2018年2Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんなどは増加
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
制御システムのセーフティとセキュリティ実現に向けたガイド - IPA
2017年4Qの脆弱性登録は3719件 - 「Android」が最多、「tcpdump」も上位に
NICTやPwC-CSら、重要インフラのサイバー攻撃対策技術で共同研究