Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響

一部製品において「Transport Layer Security(TLS)」の実装に問題があり、暗号化されたデータが解読されるおそれがあることがわかった。脆弱性を容易に特定できる「ROBOT攻撃」が公表され、著名サイトなども影響を受けることが明らかになっている。

20171213_ra_001.jpg
「ROBOT攻撃」のキャラクター

RSA暗号化における「Public-Key Cryptography Standards (PKCS) #1 v1.5」のパディングエラーを解析することで、暗号データの解読が可能となる「Bleichenbacher攻撃」を受けるおそれが従来より指摘されているが、同攻撃への対策が十分に取られていない製品が複数明らかになったもの。

脆弱性を公表した研究者は、タイムアウトやコネクションのリセットなどの複数のシグナルから容易に脆弱性を確認できる「Return Of Bleichenbacher's Oracle Threat」の頭文字を取った「ROBOT攻撃」を発見。多数環境へ影響を及ぼすことがわかったという。

研究者によれば、サポートが終了した製品も含まれるが、F5 Networks、Cisco Systems、Citrix Systemsなど、広く利用されている少なくとも7ベンダーにおいて脆弱な製品があることを確認したという。

(Security NEXT - 2017/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 66」がリリース - 脆弱性21件を修正
iOS向けバイト情報アプリ「an」の旧版に脆弱性
CMSの「Joomla」に複数脆弱性、アップデートがリリース
データベース不要のオープンソースCMSに複数のXSS脆弱性
「WordPress 5.1.1」がリリース - XSSの脆弱性など修正
サイトの脆弱性を診断する月額制クラウドサービス - セキュアブレイン
「Adobe Digital Editions」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
「Chrome 73」がリリース - セキュリティ関連の修正は60件
「Adobe Flash Player」にアップデート - セキュリティ修正は含まず
MS、月例パッチで脆弱性64件を解消 - 2件はゼロデイ攻撃を確認済み