Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増

ITRは、国内におけるSIEM製品の市場動向や今後の予測について取りまとめた。前年度比13.7%増と堅調に推移しているという。

SIEM製品の市場動向について、同社が国内42社を対象に調査を実施。売上実績や2021年度までの予測を取りまとめた。

2016年度の実績は39億8000万円。前年度比13.7%増となった。導入目的が、従来のコンプライアンス対策から、サイバー攻撃や情報漏洩への対策や、インシデント対策などに変化しているという。

同社は、今後も成長は続くと予測しており、2021年度までの年平均成長率を10.6%、2021年度の市場規模を66億円と見込んでいる。

(Security NEXT - 2017/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

拘束力持つセキュリティ規則と基準を要請 - 8社が共同憲章に署名
自動化進めたSOCの約7割、1週間以内に脅威調査を完了
2015年度の国内SIEM市場は33.5億円 - AIや機械学習の次世代型で高成長を維持
東芝とインテル、IoTのセキュリティソリューションで協業
IoT向け無線規格の普及目指す「IP500 Alliance Japan」が発足
セキュリティ対策の投資対効果、4社に3社は把握せず - 予算獲得できない一因か
F-Secureの新社長にChristian Fredrikson氏
McAfeeとSiemens、制御システムのセキュリティ対策で提携
富士通と独Siemens、手のひら静脈認証分野で協業 - 新ソリューションを提供