Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に

総務省は、2017年度の行政書士試験において、解答済みの答案用紙が所在不明になっていることを明らかにした。

同省によれば、11月12日に実施した行政書士試験において、徳島大学内の会場で実施した同試験の解答済み答案用紙を紛失したという。

同試験の指定試験機関である行政書士試験研究センターが同月16日に答案用紙の確認を行ったところ、2件の紛失が判明。捜索を行ったが発見できず、同省と徳島県へ報告した。

同省では、12月11日付けで同センターに対し書面による厳重注意を実施。対象となる受験者への謝罪や再試験の実施など、不利益が生じないよう対応を講じることや、再発防止策の報告などを求めた。

(Security NEXT - 2017/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

採用情報の案内メール誤送信でメアド流出 - 瀬戸内市
職員採用試験で受験者本人以外の全受験票を誤交付 - 静岡県
講師が学生の個人情報含むノートPCを紛失 - 共立女子大
日本語能力試験の受験者管理システムに不正アクセス - 受験者の顔写真が流出か
課外講座の出席簿が教室内で所在不明に - 近畿大
県立高校で生徒情報を紛失、車上荒らしか - 神奈川県
教員が個人情報や試験問題をSNSに掲載 - 名古屋大
車上荒らしで個人情報含むPCなどが被害 - 筑波大
案内メール誤送信でメールアドレスが流出 - JAVADA
市立中学で成績情報含むUSBメモリを紛失 - 横浜市