Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に

総務省は、2017年度の行政書士試験において、解答済みの答案用紙が所在不明になっていることを明らかにした。

同省によれば、11月12日に実施した行政書士試験において、徳島大学内の会場で実施した同試験の解答済み答案用紙を紛失したという。

同試験の指定試験機関である行政書士試験研究センターが同月16日に答案用紙の確認を行ったところ、2件の紛失が判明。捜索を行ったが発見できず、同省と徳島県へ報告した。

同省では、12月11日付けで同センターに対し書面による厳重注意を実施。対象となる受験者への謝罪や再試験の実施など、不利益が生じないよう対応を講じることや、再発防止策の報告などを求めた。

(Security NEXT - 2017/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

入試受験予定者への案内メール誤送信でメアド流出 - 兵庫大
メール誤送信で職員採用試験申込者のメアド流出 - 長野県
1960年代の職業訓練受講者指導要録が一部所在不明 - JEED
不正アクセスによる情報流出、件数を訂正 - 日本がん治療認定医機構
ITパスポート試験の申込者情報が漏洩、システム不具合で - IPA
埼玉県、准看護師試験の解答を開始前に誤って公開 - 試験結果に影響なし
高校で生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 長野県
採用情報の案内メール誤送信でメアド流出 - 瀬戸内市
職員採用試験で受験者本人以外の全受験票を誤交付 - 静岡県
講師が学生の個人情報含むノートPCを紛失 - 共立女子大